ライモバナビ!

LINEモバイルの評判やキャンペーン情報、乗り換えに必要な各種設定方法を元編集者の管理人がわかりやすく解説。格安SIM最新情報もお届けします。

格安SIM比較

カウントフリーを提供する格安SIM5社の徹底比較【2018年最新版】

更新日:

カウントフリーを提供する格安SIMが増えている!

カウントフリー

LINEモバイルをはじめとして、最近はカウントフリーをサービスの目玉とする格安SIM(MVNO)が増えています

カウントフリーとは特定のサービスのデータ消費が0になる仕様のこと。対象となるSNSや音楽配信などが繋ぎ放題になります。

カウントフリーとは、特定のアプリやサービスを利用する際にかかるデータ通信量を、データ通信利用容量の対象外とする機能のこと。「ゼロレーティング」と呼ばれることもある。
引用:KDDI

カウントフリーは格安SIM各社によって内容に差があり、どのサービスが対象となるかが異なります。例えばYouTubeAbemaTVがカウントフリーになる格安SIMは限られています。

そこで、現在カウントフリーを提供している格安SIM6社の詳細をまとめるとともに、価格やサービスを徹底比較してみました。

更新履歴
・2018年4月 FREETELを削除しOCNモバイルONEを追加
・2017年8月 BIGLOBE SIMにU-NEXTを追加
・2017年6月 BIGLOBE SIMにAmazon Musicを追加

格安SIM各社のカウントフリーの特徴

LINEモバイルのカウントフリー

LINEモバイルロゴ 特徴

LINEモバイルはカウントフリーの知名度を一気に広げた格安SIM。全ての料金プランにカウントフリーが含まれているのが特徴です。ただし、月額500円から使える最安プランの「LINEフリープラン」ではLINEのみ。ツイッターやインスタグラムなど、主要SNSを対象に含むのは「コミュニケーションフリープラン」(月額1110円〜)または「MUSIC+プラン」(月額1810円〜)への加入が必要です。PCやタブレットなどテザリング先もカウントフリーの対象であるのも、複数端末ユーザーには嬉しい仕様です。

対象プランと料金

  • LINEフリープラン 月額500〜
  • コミュニケーションフリープラン 月額1110円〜
  • MUSIC+プラン 月額1810円〜

BIGLOBEモバイルのカウントフリー

ビッグローブモバイル_ロゴ
特徴

BIGLOBEモバイルは、カウントフリーとして「エンタメフリー・オプション」を提供しています。音楽配信関連に強いのが特徴で「Apple Music」「Google play music」「Spotify」「radiko.jp」「AbemaTV」といった人気サービスを網羅しています。また「YouTube」をカウントフリー対象にしている数少ない格安SIMの1つでもあります。一方、3GB以上のプランにのみ付けられる有料オプションのため、やや料金がかさむ点がデメリットです。

対象プランと料金

  • エンタメフリー・オプション 月額480円(データSIM利用時)
  • エンタメフリー・オプション 月額980円(音声通話SIM利用時)

※いずれも3GB以上のプラン限定

DTI SIMのカウントフリー

DTISIM_ロゴ 特徴

DTI SIMでは「YouTube」「Twitter」「radiko.jp」がつなぎ放題となる「DTI見放題SIM」を提供しています。就職情報サイト「マイナビ」や「マイナビ学生の窓口」がカウントフリーに含まれているのがユニークな点。就活中の学生にはぴったりなSIMと言えます。

対象プランと料金

  • DTI見放題SIM 月額2430円

LinksMateのカウントフリー

リンクスメイト_ロゴ 特徴

LinksMateはCygamesの関連会社であることからゲームに強いカウントフリーを提供しているのが特徴です。カウントフリーオプションは月額わずか500円で、完全なフリーではないものの、対象ゲームやサービスの通信量が90%以上オフとなります。対象ゲームアプリは人気の「グランブルーファンタジー」や「あんさんぶるスターズ!」など30種類以上。スマホゲーム好きにはフックの強い選択肢です。

対象プランと料金

  • カウントフリーオプション 月額500円

OCNモバイルONEのカウントフリー

OCNモバイルONE_ロゴ 特徴

OCNモバイルONEも、2018年4月18日からカウントフリーサービスを開始。「AWA」「dヒッツ」「Google Play Music」「Spotify」「ひかりTVミュージック」「レコチョクBest」の6サービスが対象となっています。中でも「dヒッツ」「ひかりTVミュージック」「レコチョクBest」のカウントフリーはOCNモバイルONEが業界初なので、同サービスの既存会員にとっては魅力的な選択肢となりえます。2018年7月31日まではトライアル期間として無料で利用できます

対象プランと料金

  • MUSICカウントフリー 料金非公開
    ※2018年4月11日時点

カウントフリー対象サービス比較表

対象サービス LINE
モバイル
BIG
LOBE
モバイル
DTI
SIM
Links
Mate
OCN
モバイル
ONE
LINE × × × ×
Facebook × × ×
Twitter × ×
Instagram × × ×
Apple Music × × × ×
Google Play Music × × ×
Amazon  Music × × × ×
Spotify × × ×
AWA × ×
LINE MUSIC × × × ×
radiko.jp × × × ×
dヒッツ × × × ×
ひかりTVミュージック × × × ×
レコチョクBEST × × × ×
YouTube × × ×
AbemaTV × × ×
U-NEXT × × × ×
App store × × × ×
Google Play × × × ×
ゲーム × × × グランブルーファンタジーなど34アプリ  ×

サービス別のオススメのカウントフリー

YouTubeがカウントフリーになる格安SIMはどれ?

youtube_ロゴ
カウントフリーのありがたみを最も感じ安いのが動画配信。特にYouTubeは不動の人気となっていますが、このYouTubeのカウントフリーに対応しているのはBIGLOBEモバイルDTI SIMの2社のみ。YouTubeのヘビーユーザーであればどちらかを選ぶと幸せになれるでしょう。

→公式サイトBIGLOBEモバイル
→公式サイトDTI SIM

AbemaTVがカウントフリーになる格安SIMはどれ?

abemaTV_ロゴ

AbemaTV」がカウントフリーになるのは2社。BIGLOBEモバイルLinksMateです。動画配信サービスはパケットの消費量が大きいのでカウントフリーの恩恵は極大。特にAbemaTVは長時間の特番が多いので、パケット代を気にせず使えるカウントフリーとの相性は抜群です。

→公式サイトBIGLOBEモバイル
→公式サイトLinksMate

Spotifyがカウントフリーになる格安SIMはどれ?

spotify_ロゴ

定額制音楽配信サービスの「Spotify」がカウントフリーになるのはBIGLOBEモバイルOCNモバイルONEです。これまではBIGLOBEモバイルだけでしたが、新たにOCNモバイルONEがSpotify対応となりました。

→公式サイトBIGLOBEモバイル
→公式サイトOCNモバイルONE

ジャンル別のオススメのカウントフリー

SNS系に強いカウントフリーはどれ?

SNS系サービスのカウントフリーが充実しているのは「LINEモバイル」です。いずれもLINEフェイスブックツイッターインスタグラムの主要SNSのカウントフリーに対応していますが、料金プランにより対象となるアプリが異なるので利用前にチェックしておきましょう。例えば、最安プランである「LINEベーシックプラン」ではLINEだけしか対象となりません。

公式サイトLINEモバイル

音楽配信系に強いカウントフリーはどれ?

音楽配信系サービスのカウントフリーが充実しているのはBIGLOBEモバイルです。Apple MusicGoogle Play MusicAmazon Prime MusicSpotifyAWAといった主要な定額制音楽配信サービスに対応。その後もradiko.jpU-NEXTも追加され、音楽配信系ではほぼ無双状態です。

ロボノミチ
音楽配信はパケット消費が激しいから、BIGLOBEモバイルのカウントフリーはありがたいな。
ライン川ナビコ
あとはhuluかNetflixが加われば鬼に金棒、サイコガンダムにメガ粒子砲ね。

→公式サイトBIGLOBEモバイル

ゲームに強いカウントフリーはどれ?

音楽、動画に加えてデータ消費が激しいサービスといえばゲーム。そんなゲーム系のカウントフリーに力を入れているのが「LinksMate」です。

グランブルーファンタジー

人気のグランブルーファンタジーなどサイバーエージェントグループのゲームアプリが軒並みカウントフリー対象となっている。

2017年7月に立ち上がった格安SIMですが、対象ゲームのデータ消費量を90%オフにするとうユニークなカウントフリーを提供しています。

LinksMateのカウントフリー対象アプリ一例

対象ゲーム名 会社名
あんさんぶるスターズ! Happy Elements
シャドウヴァース Cygames
グランブルーファンタジー Cygames
剣と魔法のログレス Marvelous
三国ブレイズ DMM.com
一血卍傑-ONLINE- DMM.com
刀剣乱舞-ONLINE- Pocket DMM.com
千年戦争アイギス A DMM.com
実況パワフルサッカー KONAMI
ガールズバンドパーティ! ブシロード
みんゴル ForwardWorks

→公式サイトLinksMate

以上、カウントフリーを提供している格安SIM5社の比較でした。

そもそもカウントフリーのメリットは?

カウントフリーとは、対象となるサービスやアプリのデータ通信量を文字通り「カウントしない」こと。これによるメリットは2つあります。

データ量を大幅に節約できる

1つ目は対象サービスのデータ通信量を消費しないため、使い方によってはデータ量を大幅に節約できること。例えば普段、LINEのトークや無料通話しか使わないユーザーなら、LINEモバイルに乗り換えるとほとんどパケットを消費することがなくなるので、より安いデータ容量プランを選ぶことができます

データを使い切っても対象サービスは高速通信が続く

2つ目は契約するデータ容量を使い切った後でも、対象サービスは通信制限を受けずにそれまで通りの通信速度で使い続けられることです。

例えば容量が3GBのプランに加入している場合、3GBを使い切ったところで速度制限がかかります。制限スピードは格安SIM各社によって変わりますが、だいたい200kbps程度。ウェブサイトを快適に閲覧できる速度の目安がおよそ2Mbpsですので、ざっと1/10程度のスピードにまで落とされる計算です。

速度制限を受けた人なら分かると思いますが、正直使い物にならないレベルです。しかしカウントフリー対象のサービスであれば、速度制限を受けてもこれまでどおりのスピードで楽しむことができます

まとめ

以上、各社のカウントフリーサービスの比較と、カウントフリーの特徴について見てきました。これまで見てきたように、カウントフリーを上手に使うことでデータ量を気にせず趣味に没頭できたり、通信料金を大幅に節約したりすることが可能です。

各社公式サイトはこちら

タグタグタグOCNタグ

こんな記事も読まれています

-格安SIM比較
-, , , , ,

Copyright© ライモバナビ! , 2018 All Rights Reserved.