ライモバナビ!

LINEモバイルの評判やキャンペーン情報、乗り換えに必要な各種設定方法を元編集者の管理人がわかりやすく解説。格安SIM最新情報もお届けします。

格安SIM比較

使って分かったBIGLOBEモバイルの評価・評判が高い7つの理由

更新日:

BIGLOBE-SIM

ライモバナビ!は「LINEモバイルナビの略」ということもあり、格安SIMではLINEモバイルをイチオシしています。しかし、この記事ではBIGLOBEモバイルがいかに凄いのかを説明します。例えるなら欅坂48のファンサイトが急に最上もがを推し出すようなものですが全部夏のせいです気になさらないでください。

更新:本記事では当初「BIGLOBE SIM」と表記していましたが、2017年に「BIGLOBEモバイル」に名称変更となりましたので表記を差し替えました。

BIGLOBEモバイルの評価が高い

最近のBIGLOBEモバイルの評価がすごく高いんです。

BIGLOBEは元々NECグループなのにKDDI傘下に入り、NTTドコモの回線を利用しているという異端児。例えるなら元々イギリス人なのに西日暮里に住みつつ"アフリカ"という名前のお好み焼き屋を展開するフリードマンさんみたいなものです(←違う)。

格安SIM(MVNO)としての歴史は意外に古い

ビッグローブロゴ

格安SIM(MVNO)事業は2012年から開始しており、BIGLOBEモバイルはいわば老舗のサービス。しかしNECの企業カラーよろしく目立った特徴はなく、中庸な格安SIMとしての道を歩み続けます。その後、KDDIグループに買収され2017年1月に体制変更が行われてから、一気に頭角を現しました。

そんなBIGLOBEモバイルですが、なぜ高評価なのか? 実際に使ってみて分かった6つの理由を解説します。

BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEが高評価な6つの理由

1.カウントフリーの充実度が宇宙一

BIGLOBEモバイルが高評価である最大理由は、カウントフリーである「エンタメフリーオプション」の充実度が他社を圧倒しているからです。ここまでのカウントフリーは日本一、いや宇宙一といえます。

→関連記事カウントフリーを提供する格安SIM5社の徹底比較

BIGLOBEモバイルのカウントフリーを利用するには「エンタメフリーオプション」を追加する必要があります。データ容量が3GB以上のSIMが対象で、音声通話SIMは480円/月、データSIMは980円/月のオプション料金が別途発生します。

エンタメフリーオプションの説明

BIGLOBEモバイルのカウントフリーでは、Apple MusicGoogle Play MusicAmazon Prime MusicSpotifyAWAradiko.jpといった主要音楽配信サービスをカバー。さらにYouTubeAbema TVU-NEXTの動画配信にも対応し。圧倒的な強みを見せます。
ライン川ナビコ
BIGLOBEモバイルはYouTube見放題、Spotify聴き放題で最強ね。格安SIM界の範馬勇次郎だわ。

カウントフリーといえばLINEモバイルの切り札でもあるわけなのですが、2017年8月時点ではどう贔屓目に見積もっても、BIGLOBEモバイルのほうがカウントフリー対象は充実しています。

これに対抗するにはhuluNetflixdTVの見放題くらいしか考え付きませんが、音楽配信よりも膨大なデータ通信量を要するこれらのサービスをカウントフリーとするのは難しいかもしれませんね。

オススメポイントアイコン管理人は普段Aterm MR05LNにLINEモバイルを刺してテザリングすることが多いののですが、最近はLINEモバイルとBIGLOBEモバイルを2枚刺ししています。というのも仕事のBGMとしてAmazonプライムミュージックとSpotifyのプレイリストを聴いてるからです。データ通信がメインの時は回線の安定するLINEモバイル、BGM利用の時はBIGLOBEモバイルといった風に使い分けています。

2.通信速度・安定性は十分

気になる通信速度ですが、現在のところ平日・土日ともにサクサク通信できています。

速度は時間帯や曜日によってかなり差がありますが、概ね下り10~20Mbps前後の速度が出ています。平日昼間は2~3Mbpsまで落ちることもありますが、これは他社の格安SIMも同じです。

3.初月無料で初月に発生する費用を最低限に抑えられる

BIGLOBEモバイルは契約月の利用料が無料となる「初月無料」を適用しています。通常の格安SIMだと、初月は「月額利用料」+「初期手数料」となるので割と経費が嵩むんですね。初月無料はユーザー本位のありがたい施策といえます。

4.バランスの良い端末ラインナップ

取り扱い端末のバリエーションも豊富です。ハイエンドから入門機までバランスよく取り揃えているのも魅力です。

高機能なスマホを元めるユーザーにはHUAWEI P10がありますし、3〜4万円台のミドルクラスにはAQUOS SH-04arrows M04を揃えます。1〜2万円台の入門機にもP10liteZenfone LIVEmoto g5としっかり選べます。

ファーウェイP10

ファーウェイP10

→関連記事HUAWEI P10について

5.速度制限なしだからカウントフリーが生きる

格安SIMの中には「3日間で6GBの通信料を越えたら通信帯域を200KBに制限する」という業者もあります。BIGLOBEモバイルにはこうした速度制限がないので、カウントフリーも存分に楽しめます。

6.3Gと6GBの料金プランは平均よりも安い

料金プランはどうでしょうか。全体としては平均的な料金設定なのですが、もっとも利用者が多い3GB〜6GBの料金プランは他社よりも安い価格で提供しています

BIGLOBE データSIM料金と各社の平均料金との差

容量 データSIM 格安SIM15社の平均値 平均との差
3GB ¥900 ¥928 ¥28
6GB ¥1450 ¥1510 ¥60
12GB ¥2700 ¥2727 ¥27
20GB ¥4500 ¥4450 ¥-50
30GB ¥6750 ¥6428 ¥-322

BIGLOBE 音声通話SIM料金と各社の平均料金との差

容量 音声通話SIM 格安SIM15社の平均値 平均との差
1GB ¥1400 ¥1297 ¥-103
3GB ¥1600 ¥1612 ¥12
6GB ¥2150 ¥2162 ¥12
12GB ¥3400 ¥3340 ¥-60
20GB ¥5200 ¥5046 ¥-154
30GB ¥7450 ¥7050 ¥-400

逆に20GB以上は割高なのでmineoDMMモバイルなどを検討するのが吉です。ただ、エンタメ利用がメインであれば、カウントフリーによって6GB以上は必要ないというのが管理人の意見です。

7.キャッシュバックがすごい

プロモーションに力を入れていて、頻繁にキャッシュバックキャンペーンを行なっています。契約するならこの時期を逃す手はありません。

緊急告知BIGLOBEモバイル 最大15,600円のキャッシュバックキャンペーン!

biglobemobile

期間:2018年6月3日まで

BIGLOBEモバイルではキャッシュバックキャンペーンを実施中です。
4月1日までにSIMカード単体かスマホセットの購入で最大15,600円をキャッシュバック!

3GB以上+音声通話SIMで
10,800をキャッシュバック!※1
biglobe_campaing_180302

3GB以上+スマホセット(音声通話SIM)で
15,600をキャッシュバック!※2
biglobe_campaing_180301

※1 期間中に3GB以上のセレクトプランを新規に申し込みの上、13カ月間継続でキャッシュバック。
※2 期間中に3GB以上のセレクトプランとスマホのセットを新規にお申し込みの上、13カ月間継続でキャッシュバック。

乗り換えるなら今がチャンス。格安SIMではレアなキャッシュバックキャンペーンだけにこの機会は貴重です! 3GB+音声通話SIMにキャッシュバック還元分を加味すると、月々のケータイ代はわずか700円6月3日までの期間限定!

キャッシュバックの詳細や申し込みはBIGLOBEモバイル公式サイトでチェック↓↓

タグ

まとめ

以上、BIGLOBEモバイルについて見てきました。強烈なカウントフリー(エンタメフリーオプション)だけでも「買い!」の格安SIMと言えますが、速度面・料金面でも十分メイン回線として戦える戦闘力があると思います。

公式サイトBIGLOBEモバイル

mineoタグDMMタグ

こんな記事も読まれています

-格安SIM比較
-,

Copyright© ライモバナビ! , 2018 All Rights Reserved.