ライモバナビ!

LINEモバイルの評判やキャンペーン情報、乗り換えに必要な各種設定方法を元編集者の管理人がわかりやすく解説。格安SIM最新情報もお届けします。

LINEモバイル記事

【高い?安い?】LINEモバイルの通話料と節約テクニック

投稿日:

LINEモバイルの通話料

格安SIMでは通話料は月額利用料金に含まれず、別途加算されるのが通常です。だから通話料の高い安いは月々のスマホ代に大きく関わってくることになります。では、LINEモバイルの通話料は高いのか安いのか? 他格安SIMと比較するとともに、通話料の節約テクニックについて解説します。

一般的な格安SIMの通話料は?

まず一般的な格安SIMの通話料を見てみましょう。

MVNO 通話料金
mineo 20円/30秒
楽天モバイル 20円/30秒
DMMモバイル 20円/30秒
UQモバイル 20円/30秒
BIGLOBE SIM 20円/30秒
NifMo 20円/30秒
OCNモバイルONE 20円/30秒
IIJmio 20円/30秒

ご覧の通り各社20秒で30円で横並びです。1分あたり90円の通話料となり、結構高いことがわかります。

LINEモバイルの通話料は?

一方、LINEモバイルの通話料はいくらでしょうか。実は他の格安SIMと同じく20秒30円なんですね。

なぜ格安SIMの通話料金は割高なのか?

料金に悩む女性

なぜ格安SIMの通話料金はどこも同じで、かつ高いのでしょうか。

格安SIMは大手キャリアから回線を間借りし、ユーザーへ格安にサービスを提供しています。データ通信の場合はまとまった帯域を借り上げてユーザーに小分けする形なので、料金を安く設定することが可能です。

しかし、音声通話の場合は大手キャリアの設備をそのまま借りている関係で、価格に柔軟性を持たせることができないのです。そのため、通話料金は各社横並びとなっているんですね。

各社通話料を安くするサービスを用意している

とはいえ、格安SIM各社ものんびり構えているワケではありません。独自の通割引サービスを用意して、ユーザーの通話料を安くしようと努力しています。

その1つが通話定額オプションです。

これは大手キャリアの通話設備を回避することで、通話料金を安くするサービスのことです。すべての格安SIMが対応しているわけではありませんが、LINEモバイルや楽天モバイル、mineoといった比較的大手のMVNOであれば、通話定額オプションを用意しています。

関連記事カケホーダイ(通話定額)を提供する格安SIM16社、最安は?

LINEモバイルで通話料を安くするテクニッック

まとめ

LINEモバイルも2017年6月より「10分電話かけ放題オプション」の提供をスタートしています。

LINEモバイル_定額

これは、月額880円を支払うことで、10分以内の通話が無料(かけ放題)になるというもの。利用方法は通話アプリ「いつでも電話」から相手先に電話を発信するだけと簡単です。通話の利用頻度が高い方はこの「10分電話かけ放題オプション」に加入したほうが割安になるでしょう。

1回の通話は10分で済むのか!?問題

問題は「1回の通話は10分で済むのか!?」ということ。こればかりは各自が器記録をみてもらうしかないのですが、参考までに総務省が発表した「固定電話や携帯電話などによる音声通信の利用状況に関する調査結果」によれば、モバイル端末での通話時間の平均は2分55秒(2015年度)とのこと。10分あれば余裕を持って通話ができると言えます。

「10分電話かけ放題オプション」の場合、1回10分までの通話はかけ放題ですが、それ以上の通話でも国内通話料が30秒あたり約11円と割安になります。無料の専用アプリをインストールするだけでOK。オプション自体は事前の申し込みが必要です。

LINEモバイルの「10分電話かけ放題オプション」は事前に簡単な申し込みを行うだけで、10分以内の国内通話なら回数無制限で何度でも無料に。ドコモ回線を利用するので、電波エリアを心配する必要もありません。

通話オプションを申し込んだ場合の月額利用料金はいくらになる?

LINEモバイルで音声通話をするには、データ通信に加えて、音声通話のプランを契約することが必要です。音声通話プランに10分電話かけ放題オプションを加えた料金は以下の通りです。

プラン名 容量 月額利用料金(A) 10分電話かけ放題(B) 合計(A+B)
LINEフリープラン 1GB ¥1200 ¥880 ¥2080
コミュニケーションフリープラン 3GB ¥1690 ¥880 ¥2570
コミュニケーションフリープラン 5GB ¥2220 ¥880 ¥3100
コミュニケーションフリープラン 7GB ¥2880 ¥880 ¥3760
コミュニケーションフリープラン 10GB ¥3220 ¥880 ¥4100
MUSIC+プラン 3GB ¥2390 ¥880 ¥3270
MUSIC+プラン 5GB ¥2720 ¥880 ¥3600
MUSIC+プラン 7GB ¥3280 ¥880 ¥4160
MUSIC+プラン 10GB ¥3520 ¥880 ¥4400

以上のように10分かけ放題込みの料金は2080円〜4400円となっています。

LINEモバイルでは通話のオプションサービスも充実しており、国際電話、国際ローミング、転送電話は無料でサービスの利用が可能(通話料は発生します)。留守番電話は300円、割込通話は200円の月額料金で利用できます。

LINEモバイルならタダの音声通話も可能

「通話メインだけど、880円のオプション料を払うのも馬鹿らしい!」という倹約家の方もいるかと思います。そんなニーズにもLINEモバイルはしっかり対応。方法は簡単で、LINEアプリの機能である「無料通話」を使いましょう。

通常の電話との大きな違いは、電話番号ではなくLINEを相手に発信するという点。要は相手もLINEをインストールしてある必要があります。LINEさえあればスマホでもタブレットでもPCでも通話が可能です。

大手キャリアや格安SIMの場合、LINEアプリの無料電話を使う際にデータ通信料が別途発生します。しかし、LINEモバイルであれば、月額500円〜の「LINEフリープラン」でもLINEアプリがカウントフリーの対象になっています。つまり、LINEの通信料もタダというわけ。いつもの会話相手がLINEユーザーであれば、通話オプションに加入せずとも無料で通話ができます。

ただし、LINEアプリの無料通話はあくまでオマケのような機能。通話安定性や品質は圧倒的にLINEモバイルから発信する電話のほうが上です。安定した高品質の通話がお望みなら、「10分電話かけ放題オプション」は検討の余地があるといえるでしょう。

※金額はすべて税抜です

-LINEモバイル記事

Copyright© ライモバナビ! , 2018 All Rights Reserved.