ライモバナビ!

LINEモバイルの評判やキャンペーン情報、乗り換えに必要な各種設定方法を元編集者の管理人がわかりやすく解説。格安SIM最新情報もお届けします。

格安SIM最新ニュース

【iPhoneは注意】auの格安プラン「auピタットプラン」の盲点とは?

更新日:

「auピタットプラン」は格安SIMに対抗した格安プラン

ピタットプランロゴ
auが2017年7月10日、基本料金をLINEモバイルなどの格安SIM(MVNO)並みに引き下げると発表。業界の注目を集めています。

提供するのは「auピタットプラン」。通話とデータ通信量のセットで月額1980円から使える新料金体系です。サービスは7月14日から提供を開始します。

どういう料金プランなのか?

データ容量に応じて利用料金が自動決定

「auピタットプランは」データ使用量に応じて月額料金が決まるというもの。2980円(1GBまで)、3980円(2GBまで)、4480円(3GBまで)、5480円(5GBまで)、6480円(20GBまで)の5段階となっています。かつての「ダブル定額」を思わせる料金形態ですね。

ピタットプラン_料金テーブル

auいわく

スマートフォンをご利用いただいているお客さまの多くは、月によってデータ利用量にばらつきがあり、最適な料金となっていない月があります。こうしたお客さまも「auピタットプラン」では、その月のデータ利用量に合った料金が自動的に適用されるため、毎月の利用状況に応じてムダなくスマートフォンをご利用いただけます。
引用:KDDI

とのこと。

さらに2017年12月31日までにプラン加入すると、最初の1年は「ビッグニュースキャンペーン」として、それぞれ1000円割引が適用されます。

毎月割は廃止に

代わりにスマホ購入の際に適用されていた割引サービス「毎月割」が適用されなくなります。つまり、毎月割の適用分を月額基本料金の割引に回したものといえますね。

auピタットプランは3種類ある

話がまたややこしくなりますが、auピットプランには3種類あります。それぞれの違いを見ていきましょう。

1.auピタットプラン(シンプル)

通話料:従量制

1GBまで 2GBまで 3GBまで 5GBまで 5GB超過
キャンペーン適用後(1)+(2)+(3) 1980円/月 2480円/月 2980円/月 3980円/月 4980円/月
(1)通常利用料 2980円/月 3980円/月 4980円/月 5980円/月 6980円/月
(2)auスマートバリュー - -500円/月 -1000円/月
(3)ビッグニュースキャンペーン -1000円/月

2.auピタットプラン(スーパーカケホ)

通話料:かけ放題

1GBまで 2GBまで 3GBまで 5GBまで 5GB超過
キャンペーン適用後(1)+(2)+(3) 1980円/月 2980円/月 3480円/月 4480円/月 5480円/月
(1)通常利用料 3480円/月 4480円/月 5480円/月 6480円/月 7480円/月
(2)auスマートバリュー -500円/月 -1000円/月
(3)ビッグニュースキャンペーン -1000円/月

3.auピタットプラン(カケホ)

通話料:1回5分通話かけ放題

1GBまで 2GBまで 3GBまで 5GBまで 5GB超過
キャンペーン適用後(1)+(2)+(3) 2980円/月 3980円/月 4480円/月 5480円/月 6480円/月
(1)通常利用料 4480円/月 5480円/月 6480円/月 7480円/月 8480円/月
(2)auスマートバリュー -500円/月 -1000円/月
(3)ビッグニュースキャンペーン -1000円/月

それぞれの表の最上段にある赤字は各種キャンペーン適用時の料金となります。キャンペーン価格が適用にならない場合は黒字の料金となりますので注意が必要です。

通話かけ放題の有無と通話可能時間の違い

大きな違いは「通話かけ放題の種類」です。「auピットプラン(シンプル)」は通話が完全従量制。「auピットプラン(スーパーカケホ)」は完全かけ放題。「auピットプラン(カケホ)」は1回5分以内の通話がかけ放題となっています。

ライン川ナビコ
auピタットプランってUQモバイルの「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」に似てるわね。
ロボノミチ
UQモバイルはいわばauの弟分だからな。auピタットプランはかなり影響を受けてるね。
「auピタットプラン(シンプル)」の場合は従量課金で通話料が発生するので、油断して話しすぎると料金が跳ね上がる可能性もあるので注意したいところです。

完全かけ放題である「auピタットプラン(スーパーカケホ)」なら、通話料と通信量にフタがされますので月額料金の見込みが立てやすいといえます。

auピタットプランの注意点

ピタットプランキャッチ
画像引用:au

ピタットプランについてはAndroidユーザー(4G LTEスマートフォンユーザー)向けのプランで、iPhoneユーザーは条件付きとなります。その条件とは、現在iPhoneをすでに利用しているユーザーがプランを変更する場合のみ適用という点です。

ただ、これには抜け道があります。iPhone購入時に一旦通常のプランで契約した後に、ピタットプランへプラン変更すればOKです。

「ビッグニュースキャンペーン」の落とし穴

スマホ購入者のみの特典

さて、毎月1000円が割り引かれる「ビッグニュースキャンペーン」ですが、こちらにも落とし穴があります。実は、新たにスマホを購入するのと同時にauピタットプランを申し込まないと適用されないんですね。

iPhoneユーザーは対象外、割り引かれない!

iphone

つまり、iPhoneはそもそも既存ユーザーのプラン変更のみ「auピタットプラン」が適用されるので、新規購入を対象としたこのビッグニュースキャンペーンはどうあがいても適用されないことになります。

auピタットプランはどうなの!?対談

ロボノミチ
月額1980円からというのは明らかに格安SIMを意識したプライスだな。
ライン川ナビコ
三太郎といい3のつく日といい、他社のオケツばかり追いかけてたauだけど、珍しく先陣を切ってきたわね。でもこれ、本当に安いの?
ロボノミチ
ユーザーのデータ利用量に応じて基本料金が2980円から6480円までの5段階に別れるというもの。全プランで現行の料金設定よりも安くなっているのは事実だね。
ライン川ナビコ
あれ、「2980円から」って、最安で1980円じゃないの?
ロボノミチ
最初の1年だけ「ビッグニュースキャンペーン」ということで全プラン1000円引きとなる。だから2980円-1000円で1980円だね。
ライン川ナビコ
いつもの「後から値段が上がるパターン」ね。まあそれでも安くなるのならウェルカムだわ。申し込もうっと。
ロボノミチ
残念ながらナビコはキャンペーン対象外だな。
ライン川ナビコ
えーー!なによそれ女性差別じゃない!ロボットのくせに人間に歯向かう気!?
ロボノミチ
それ酷いロボット差別発言。そうじゃなくて、お前iPhoneユーザーだったよな。
ライン川ナビコ
ですがなにか。
ロボノミチ
ビッグニュースキャンペーン自体がスマホ購入を伴うプラン変更にのみ、適用されるんだ。
ライン川ナビコ
むむ?どういうこと?
ロボノミチ
つまり単なるプラン変更では1000円割引は適用されない
ライン川ナビコ
うへえ!
ロボノミチ
それでもauピタットプランにすることで、従来料金よりかは安くなるけどな。
ライン川ナビコ
うーん。なんだかiPhoneユーザーとしてはしっくりこないわね。

NTTドコモが6月に開始した「docomo with」も3機種限定でスタートし「なぜ限定なんだ?」と疑問の声があがりましたが、auピタットプランもフタを開けてみればほぼAndroid限定という内容。なんだかこれに似た印象がしますね。

ともかく大手キャリアユーザーが従来より安い料金でスマホを使えるようになるのはとても喜ばしいことだと思います。そうなると気になるのが格安SIMとの料金差ですが、一体どちらがお得なのでしょうか?

これについては記事「【どっちが得?】auピタットプランと格安SIM5社の料金比較」をご覧ください。

こんな記事も読まれています

-格安SIM最新ニュース
-, , , ,

Copyright© ライモバナビ! , 2018 All Rights Reserved.